食べ放題のビュッフェでカロリーを押さえる方法

cold-buffet-338538_640

いや、もちろんダイエット中ならばビュッフェ何回っちゃいけないんですけどそれでもどうしてもいかなきゃいけなくなった時の方法です。

出典PLOS ONE:デザインスリム:ビュッフェ株におけるサービング健康食品第一には、全体的な食事の選択を改善し

もちろんせっかくビュッフェに行くのなら美味しく楽しく食べなければ意味がありませんそんなときどのように食べれば良いのでしょうか?

行動経済学者のブライアン・ワンシンク氏とアンドリュー・ハンクス氏が率いる研究グループがおこなった同調査では、124人の被験者に2種類の朝食バイキングで食事をしてもらい、そのときの食事内容や行動を分析。2つのバイキングの違いは食べ物が置いてある順番で、1つめは低脂肪のヨーグルトやグラノーラ、フルーツなどが最初に置いてあり、2つめはフライドポテトやベーコン、チーズなど高カロリーなメニューが先頭に用意されていた。すると、ほとんどの被験者は自分の好きなものよりも“最初に目にしたもの”から順にお皿にとる傾向があることが判明。そのため、ヘルシーなものが先に置かれていたバイキングでの方が、必然的に最終的な摂取カロリーが少なくなることがわかったという。

ではどうすればよいかというと、料理を取るために回るときにまず必ずカロリーが少なそうな食品から順番に取っていくことが大切です。

確かに私も、バイキングにいくとお腹が一番すいている最初に多めにお皿に取ってしまいます。それを利用してまずカロリーの少ないものをさらに載せるようにすることで確実に摂取カロリーを減らすことが出来ます。 もちろんデザートもフルーツ系を食べるようにしましょうね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player