豆腐ダイエットのやり方と効果

tofu-335632_640

豆腐ダイエットとは

毎日の食事のうち一食の主食を豆腐にするというダイエットです。とうふは1食分の半丁(木綿)で、100kcalていどしかありませんし、腹持ちもいいのでダイエットに最適です。また、低GI食品なので、ごはんに比べて、食後の血糖値上昇も抑えられ、ダイエット効果も高まります。その上、ダイエットに最適な成分がたくさん含まれています。

大豆レシチン

コレステロールや中性脂肪を減ら崇光かがある成分です。また、血行を良くして冷え性や肩こりの改善などにも効果があります。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖は、腸内にすむ善玉菌、ビフィズス菌の好物。とうふを食べると、腸にビフィズス菌のエサを届けることができるので、腸内環境を改善することができます。また、水分をたっぷり含むという点でも、便秘改善にはいい効果をもたらします。

イソフラボン

女性ホルモンによく似た成分のイソフラボンは新陳代謝を促し、肌のピチピチ感、髪のツヤやハリを保つのに役立ちます。年齢とともに分泌が少なくなるので、女性の美しさ、若々しさを保つために、積極的に補給した方が良い成分です。

タンパク質

体の中で最もエネルギーを消費するのは筋肉。その筋肉をつくるのに欠かせないのがタンパク質。とうふは植物性のタンパク質の宝庫。20種類あるアミノ酸をすべて含み、質的にも優秀。肉や魚と違い、脂肪分が少ないので、ヘルシーにタンパク質補給ができます。筋肉をつけることでさらにダイエット効果を高めることが出来ます。動物性タンパク質は完全に消化されるには4時間以上かかるといわれるのに対し、とうふは水分が多く、タンパク質が消化、吸収されやすい形になっているので、短時間で吸収されます。そのため、胃腸への負担も少なく、体調の悪いときでもオススメです。

豆腐ダイエットのやり方

基本的には置き換えダイエットですので、食事の主食を豆腐に買えるというダイエットになります。

一番効果的なのが、夜の主食を豆腐に変えるというものです。カロリーを押さえるとともに血糖値の上昇を抑え脂肪をつきにくくします。

注意すべきポイントとしては、食事を豆腐だけにしないということです。ついついけっかをもとめすぎるあまり、食事を豆腐だけにしてしますということはやりがちだとは思いますが、栄養バランスを取ることがダイエットにおいて一番大切なことですので無理をしないようにしましょう。少しづつ健康にやせることが、やせたあとの健康と美容を長続きさせることになります。

また、ほぼ同じ成分の豆乳を利用しても良いかもしれません。どうしても朝は食べる気がしないなどという時は豆乳を飲むというのもおすすめです。ただしやはり豆腐の方が腹持ちが良いので豆腐の方がいいですね。

 

有名人の間でも豆腐ダイエットは人気のようで、今やママタレとなった元モーニング娘。の辻ちゃんは湯豆腐にはまり一年間湯豆腐ばかり食べていたそうです。その結果、一年間で15キロのダイエットに成功したそうです。ほかにも、加護ちゃんも豆腐ダイエットで13キロやせたそうです。
☆湯豆腐ダィェット☆|辻希美オフィシャルブログ「のんピース」powered by Ameba

加護亜依 豆腐ダイエットで13キロ減量 : J-CASTニュース

去年の12月から開始して、一ヶ月過ぎました。現在45歳です。不規則な仕事ですけど体重‐2キロ 体脂肪‐1%減出来た事に感謝しております。洋服のサイズは、2LからLに変わりました 特にお腹回りが減り、体調も良いですね。豆腐メニューも豊富だし、腹持ちも良いから、ドカ食いもありませんでした。娘もLからMサイズになり、大変喜んでいます。まだまだ続けます 実家の母にも、昨日プレゼントしました。オススメですよ。(レビューより引用)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player