美脚って大切だよね。絶対美脚になってやる

legs-407196_640

足の形の悩みって結構多いですよね。
綺麗な人ってみんな足も綺麗ですもんね。むだ毛は肌の質などはお手入れで何とかなったりしますが足の形についてはなかなか綺麗になりません。

 

美脚じゃない理由

内股で歩いている

内股で歩くと綺麗にまっすぐ歩いている人と比べて違う筋肉を使ってしまいます。場所としては太ももの外側です。歩きながら太ももを触ってみましょう外側の筋肉が固く、内側の筋肉はあまり使われていないのが分かると思います。そのため、太ももが太くなってしまいます。 また、O脚になってしまったり、骨盤のゆがみをうむため足をまっすぐ向けることを意識しましょう。

ちょっと猫背気味で、がくがく歩いている

ちょっと説明が難しいですが、普通に綺麗に歩く場合あまり腰の高さは変わりません。ところが、HONDAのロボットのアシモの用に膝を曲げてあるくと、一歩一歩進むときに腰が沈む感じになります。意外とこういった歩き方をしている人を見ます。

こういった人は、太股の前の筋肉ばかりを使い後の筋肉を使わないため前が筋肉で太くなり後が筋肉を使わないのでセルライトになりがちです。

いつも同じ足の上に重心を乗せている

これもやはり歪みの素です。骨盤が歪んでくると足の長さが変わってきてしまいます。そうすると、やっぱり変な筋肉のつき方になってしまいます。

 

トータルしてみるとやっぱりなんといっても歩き方なんですね。モデル歩きまでは必要ないかもしれませんが綺麗に歩いている人は美しいですしなんかはつらつとした感じがありますよね。

よし!!歩き方に気をつけよう

ということで、気をつけたいことは、

◎しっかりと足を使って歩く

いやあたりまえ、とおもうかもしれませんがとぼとぼと膝からしただけを使って歩くのではなく足の付け根を動かして足全体を大きく使い歩くことが大切です。これにより太ももなどにたまっている血液やリンパ液などをしっかり循環させましょう。むくみやセルライトなどの予防にもなります。

◎かかとから着地しよう

意識してかかとから着地するように歩いてみてください。このように歩くとどうしても膝をしっかりとのばして歩かなければいけなくなります。前傾姿勢で歩くことが出来なくなりますので自然と胸をそった美しい形で歩くことになります。また、かかとから着地しようとするとふくらはぎがしっかりとのばされるのが分かると思います。これによりふくらはぎ血行も良くなります。

うーんがんばるぞー

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player