炭水化物抜きのダイエット やり過ぎると危険です。

usd-67411_1280

Gacktサンなどがやっていて有名になった炭水化物抜きダイエットですが、専門家からやり過ぎることは逆効果なうえ危険をともなうとの警告がでています。

この炭水化物抜きダイエットは、

やり方はシンプルで、ご飯やパン、芋、果物などの炭水化物に含まれる糖質の摂取量を一日130g以下に抑得ればあとは何でも食べてもいいというもの。

もともとは糖尿病や重度の肥満患者に対する食事療法として考案されたものだが、いまや「手軽に痩せられるダイエット法」として、老若男女を問わず人気を集めている。人気の秘密は、糖質さえ制限していれば、あとは肉でもアルコールでも摂取OKという取り組みやすさと、目に見えて現れる効果にある。

 

しかし炭水化物は生きていく上で必要な糖を作るために必要な栄養素でこの炭水化物が足りない場合には、筋肉などのアミノ酸を分解して糖を作っていきます。つまりきんにくがおちていくのです。筋肉が落ちればもちろん退社も落ちるため太りやすい体になっていきます。じゃあ肉を食べればいいじゃないかとお思いの型もいると思いますが、炭水化物と同じだけの糖を肉から取るにはかなりの量が必要になります。

炭水化物抜きダイエットも程々にすることが大切ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player