炭水化物と糖質と糖類ってなにがちがうの?

usd-67411_640

ダイエットをしているとどんどん栄養学にくわしくなってきますよね。

ダイエットでよくでてくる炭水化物について説明していきます。

炭水化物とは一言で言うと糖質と食物繊維をあわせたもののことです。糖質は糖類とその他をあわせたものです。分類を簡単に書くと

炭水化物

糖質(食物繊維ではない炭水化物)
糖類(単糖類又は二糖類であって、糖アルコールでないもの)
そのほか(デンプンなど)
食物繊維

こんな感じです。ダイエットの敵と言われている炭水化物にダイエットの味方と言われる食物繊維が含まれてるってなんか変な感じですね。

炭水化物は消化されてから糖に変化する早さにをGI値という値で表します。例えば上白糖であれば109ですし、玄米であれば55です。つまり同じ炭水化物であってもGI値の低いものであれば太りにくいということになります。

このGI値についてはここ5年ぐらいで現れた考え方ですのでまだまだ研究途上のところもあります。

以上ダイエットの基礎知識でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player