実は太ってる人のほうが食べ物を食べた時の満足度が低い

sandwich-434658_640

アメリカ国立衛生研究所の研究により、太った人と痩せている人の料理を見た時のホルモン分泌はかなり違うことがわかったてきた。

脳内の化学成分の違いに関連する摂食習慣、体脂肪

太った人のホルモン分布

太った人の場合、快楽や快感に関係するホルモンはあまり活発に分泌されず、逆に週関係性に関わる脳領域でのドーパミンの活動が活発となった

つまり、太った人は習慣的にものを食べており、かつ食べることによる快楽をあまり得ていないことになる。

なんとなくのイメージで考えると、太っている人は食べることが大好きで痩せている人よりも食べ物を食べている時の快楽が多い感じがするがじつは、習慣的にただただ食べているだけのようだ。

このことはダイエットを考えるときにとても参考になるように感じる。

この習慣的に口に物を入れてしまう状況を避けることが大切なようですね

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player