唐辛子のダイエット効果ってどんなもの?

food-315352_640

昔から辛いものを食べるとダイエット効果があるって言いますよね。では実際どれくらいの効果があるか調べてみました。

特に有名なのが唐辛子ですが、なぜ唐辛子がダイエットに良いかというと唐辛子に含まれるカプサイシンという成分が血行を促進したり脂肪を燃やすホルモンを分泌したりする効果があるようです。確かに辛いものを食べるとなんか体がほてって熱くなる感じありますよね。また、糖代謝が促進する働きがあり、血糖値の上昇が抑え、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるといわれています。

また、唐辛子を食べてから食事をとるとなぜか食事の量が減るらしいです。

 

デメリットとしては、胃腸に負担をかけてしまうということです。よっぽど取りすぎなければ大丈夫なのですが、適量を心がけましょう。
また、また、カプサイシンを多量に取ると、脳に対して痛み=ストレスを伝える役目があるといわれており、それと韓国で多い精神病の一種の火病の関連性を指摘する声もあります。

 

では実際に唐辛子を取るにはどのような方法が良いでしょうか? それはやはりキムチが向いているようです。日本の唐辛子入りの調味料と言えば七味や一味ですが、七味はいろいろ入っていて唐辛子の量が少ないですし、一味は辛さの割に意外塗料を取ることが難しいです。キムチの場合、マイルドな唐辛子を使っていることもあり以外と取ることが出来ます。

取る時間はやはり朝が良いようです。キムチと納豆とご飯とみそ汁なんて最高ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player