レコーディングダイエットのやり方

to-write-319302_1280

レコーディングダイエットってどんなダイエット

オタク界の権威だった岡田斗司夫が著書『いつまでもデブと思うなよ』で紹介したダイエット法で、簡単に言うと日々食べたものをすべて記録することで意識を高め食生活を改善して言うというもの。昔からある日記ダイエットなどによく似ている。

岡田自身は、このダイエット法で1年余りで体重を117kgから67kgへと50kg減量、体脂肪率を42%から17%へと落とした。

 

レコーディングダイエットのやり方

くわしくは「いつまでもデブと思うなよ」を読んでいただくのが一番なのですが、日々食べたものをすべて記録していくものです。ポイントは、口に入れて食べたものはたとえチョコ一口でさえ記録するということです。

まず、第1段階では食べたものすべてを記録することただコレだけ食事制限やカロリー計算など入りません。ただただ記録するだけです。

次に第2段階になってカロリーを計算するようにしていきます。

最後第3段階で初めてカロリー制限をしていきます。

このダイエットの最大のポイントは、岡田サンのブログにもある通り

 『いつまでもデブと思うなよ』は、心→体→心→体というキャッチボールで、ダイエットを進めていく方法です。 

<心>現状認識をして「痩せたほうが得」「痩せよう」と心で決心する。 
 ↓ 
<体>食事メモと体重記録をつける。 
 ↓ 
<心>食事メモから、そんなに食べたくないのに食べていたものを知る。 
 ↓ 
<体>食べるものをメモしただけで、体重が減りはじめる。 
 ↓ 
<心>体重が減った喜びを感じ、もっとやせようと決心し、カロリー制限を始める。 
 ↓ 
<体>順調に痩せ続ける。 
 ↓ 
<心>痩せた喜び=ダイエットへのモチベーションに繋がり・・・ 

賢明なブログ読者の皆様へ: レコーディング・ダイエット2.0のススメ より引用

というもので、いきなり食事制限をするものではありません。

 

レコーディングダイエット参考図書

私は、この著者とほぼ同じ方法で25キロ痩せました。ですから、この著者にはとても共感しました。ダイエットとは結局は非常に個人的なものです。自分をまず知ることが大切で、そのためには「記録」と取ることが大切です。
私は記録を取ることで、(体重だけでなく体温も記録した)「冷え」が肥満の一番の原因だとわかりましたので、石原式生姜紅茶と「記録するダイエット」を併用し、ダイエットに成功し・・・ レビューより引用

前書の「いつまでもデブと思うなよ」の続編または、新情報を盛り込んだという内容になっています。
基本的なダイエット方法に関しては前書とほぼ同じ内容なので、2冊とも購入する必要はないと思いますが、レコーディングダイエットを
これから始める人は、本書の方をおすすめします。

 

レコーディングダイエット体験談

運動が大の苦手でやっていても続かないので昔やった事のあるレコーディングをやり始めました。
以前レコーディングやったときは痩せた記憶がありませんでした。しかし今回、まだ始めて5日なのに-1.1キロ!
コレには驚きました(゚o゚;
食事内容は1日のカロリーを計算しながら献立を考え、食べたい物があれば小皿に少し食べるなど工夫しています。
今のところストレスもなく慣れてきました(^_^)
このダイエットを始める前に食べたくて買ったお菓子があるんですけど、どこまで我慢できるのか楽しんでます♪
ノートに書くのでは続かないのでスマホアプリで記録してます。夏までに15キロ落とせたらなんて思ってます。
このダイエットは地道に毎日記録していけば自然と健康管理もできて痩せてくるので素晴らしいと思います(^_-)

レコーディングダイエットを実践してみての感想とその効果 | 40歳からのメタボ解消ダイエット

効果が出る前に挫折してしまったレコーディングダイエット。なぜ続けられなかったのか?反省点と改善策 | 「美容のチカラ」美容に関するお役立ちブログ

 

 

その他参考サイト

レコーディングダイエットについて語るスレ 【岡田斗司夫式】 : 対策方法ブログ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player