ダイエット時の食事〜朝ごはん編〜

朝ごはんメニュー

朝ご飯は英語でブレックファーストといいますが、この意味はブレックが破るファーストが断食という意味で、夕飯を食べてから10時間以上たっている断食を破るという意味があるそうです。

世界でも今意見が割れていますが、朝ごはんを抜くと健康に悪いと思います。 そこで朝ご飯を食べるときにどういったことに気をつけなければいけないかご紹介します。

朝必要な栄養素は?

朝ごはんに必要栄養素は、まずタンパク質です。タンパク質は体温を上げる働きがあり代謝のスイッチを入れなければいけない朝に最適です。もう一つ必要なものが朝すっからかんになってしまっているエネルギーのもとの糖質です。といっても甘いものというよりも炭水化物で取った方がじんわりとエネルギーになっていくのでおすすめです。

おすすめメニュー

昔ながらのメニューのご飯と納豆と卵なんかはまさにベストの組み合わせです。その他にも、タンパク質にはチーズや牛乳、豆腐などがあります。
糖質には、ご飯やパン、フルーツなどがあります。朝は忙しいことが多いのでおすすめメニューとしては卵掛けご飯とサラダ やバナナとヨーグルト、食パンとゆで卵などがいいです。

どれもスムージーやカクテルサラダみたいになんかかっこいいダイエット食ではないですがやはり健康的にやせるには昔からの食事が良いようですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player