ダイエットをする時の食事の取り方の注意点

apple-16890_1280

ダイエットの2大要素の一つである食事についての基本的な取り方と注意点について説明します。まずは基本をつかみましょう。

1.朝食をしっかり食べる

ダイエットをしているとどうしても食事は出来るだけ減らして食べない方が良いという発想になりがちですが、これはダイエットに取って逆効果の場合もあります。
ダイエットの要は体脂肪を減らすことですので、しっかりと朝食をとることはとても大切なことです。比較的脂肪になりにくい朝の食事は活用すべきなのです。朝ご飯を取らない場合、一日に必要な栄養素をまんべんなく取ることが難しくなりまた、空腹の時間が長くなってしまうため。脂肪をためやすい体になってしまいます。

ただ、朝食をとるときに注意したいのが洋食です。体に悪いとされているトランス脂肪酸のマーガリンを塗ってやコーヒー用のフレッシュを使いパンとコーヒーなどという食事では、あまり意味がありません。出来るだけ多くの食材をバランスよくかつ出来ればタンパク質も取れると最高です。フルーツグラノーラ などを活用するのもいいと思います。

2、昼食は炭水化物に注意

仕事をしていると昼食などはあまり気を払わずに外食などで済ましてしまう場合、がおおくあります。そのとき注意すべきなのが炭水化物です。ついつい、おにぎりだけやラーメン、パスタ、どんぶりなど炭水化物を取りすぎてしまう傾向があります。野菜がポイントですので定食ものなどでバランスの良いものを選びましょう。また、もう一つのポイントとしてダイエットをしていると不足しがちなタンパク質とくにお肉類を昼に取ることをお勧めします。タンパク質は、実は筋肉の元隣ダイエットの味方になるものでもあります。そのかわり脂肪が含まれるというデメリットもあります。そのため、脂肪になりにくい昼に食べてしまうのがよいとされています。

3、夕食がポイント

夕食はあっさり目で腹8分目の食事を心がけるとともに、睡眠の2時間前出来れば3時間前までに終えましょう。少し空腹ぐらいの方が、良い睡眠を取ることが出来ます。あともちろんですが、夜食は厳禁です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player