セルライトができる原因を探る!

kermit-249444_640

ダイエットの大敵セルライトですが、気付いたらできていたという方が多いのではないでしょうか。

セルライトとは肥大化した脂肪細胞が血液やリンパ管を圧迫し、それにより脂肪細胞の一部が変性し発生するものです。では、どのようにすれば発生を抑えることが出来るのでしょうか?

まずはセルライトが出来る原因を探ってみました。

 

カロリーオーバーな生活

言い換えると運動不足で栄養が多すぎる生活です。セルライトのおおもとは脂肪細胞ですのでこれの増大、増加につながるこれらの生活は、原因の中でも大きなウェイトを占めています。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンの変化がセルライトに大きな影響を与えているとの報告があります。 実際、妊娠や更年期など女性ホルモンのバランスが大きく変化するときにセルライトは出来やすくなります。

むくみや冷え体質

むくみや、冷え性ということは、末梢まで血液やリンパが流れにくくなっているということです。そのため、老廃物や脂肪燃焼のためのホルモンなどが行き渡りにくく脂肪細胞が増えていく原因になります。また、脂肪細胞が増えていくことで冷え性も進行してしまい悪循環になってしまいます。

筋肉をつかわない

筋肉は重いものを持ったりするときに使うだけではなく血液やリンパ液のポンプの役割も果たしています。特にリンパ液については心臓のような大元のポンプはなく筋肉のみがこのリンパ液を動かすポンプなのです。もちろんセルライトを作らないため意外にも筋肉を動かすことは生き生きと若々しい体をキープするために最も大切なことの一つです。

 

セルライトが出来る原因についてみてみました。じゃあついちゃったセルライトはどうすればいいのか?

これについては次回紹介します。

 

家でできるなにか良いマッサージ方法はないか?と探したところ、この本を見つけました。
このところ、このマッサージと運動やヨガ、食事制限などを同時にして5キロほど痩せたため、
一体何が効果があったのか分かりかねますが、結果として1ヶ月で今までにないレベルでセルライトが落ちました。
体重は落ちてもセルライトが落ちることなんてない、と思っていたので驚いています。(レビューより引用)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 7月 08日
*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player