ストレスと甘いものと代謝の関係

tart-66108_640

失恋や仕事など心にストレスを感じたとき、どうしてもケーキやポテトチップスなどの高カロリーなものが食べたくなるというのが一般的な女子だと思います。

ところが、アメリカオハイオ州立大学の研究では、

58人の女性を対象に、前日に感じたストレスレベル(例:夫や彼氏とケンカした、子どもが悪さをして怒ったなど)を測定。その後卵やソーセージ、ビスケットなど脂肪分60g、トータル930kcalの食事を与え、食後にそれぞれの新陳代謝を計測した。

すると、食前24時間の間により多くのストレスを感じていた女性は、そうでなかった女性よりも燃焼カロリーが104kcal少ないことが明らかに。これは、1年で換算すると11ポンド(約5kg)の増量に値するという。

つまり、ストレスを感じていると代謝が悪くなりカロリーを消費しにくくなってしまうようだ。調査によれば、ストレスがたまるとインシュリンの値も高くなりこれが代謝を落とす原因となったようです。また、ストレスの要因を多く持つうつ病の既往歴のある女性は、他の参加者よりもさらに高い値を残したようです。

 

ストレスを感じずにダイエットをするなんてかなり難易度が高いと思いますが、 高カロリーのものを食べる際はストレスが少ないときに食べることをお勧めします。

Daily Stressors, Past Depression, and Metabolic Responses to High-Fat Meals: A Novel Path to Obesity – Biological Psychiatry 元記事

異常なほどダイエットにのめりこんでました。何をやっても体重は一向にへらず、食事制限、運動のあげくに月経過多になって貧血状態になり、生きているのがしんどいと考え始めていました。夜寝る前にアロマランプの前で読みました。
眼からうろこというか、励まされました。今はダイエットはせず、貧血のため運動もしてませんが、こころが安定してきたら気分転換にまた外に走りにいきたいと思っています。(レビューより引用)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ダイエット応援Twitter  やってます

タグ

ページ上部へ戻る
Get Adobe Flash player